ほっとママシネマでぜひ息抜きを!実際に行ってみた様子や感想


ほっとママシネマとは?

(参照:松竹マルチプレックスシアターズほっとママシネマパンフレットより)

日々子育てを頑張っているママへ、小さなお子様と一緒に気兼ねなく「映画」を楽しんでもらおうと、松竹マルチプレックスシアターズが独自開発した女性のための上映会。日々の子育ての合間に「ほっと一息、映画でも楽しんで!」という思いをこめて。(http://www.hotmama-cinema.jp/より引用)

要するに
・泣いても騒いでも周りに気を遣わない
・照明は通常より明るめ
・音響は通常より小さめ
・赤ちゃんの飲み物お菓子持ち込みOK!
・遊ぶスペース、授乳スペース、オムツ替えスペースもあり、上映中に外に出る必要がない
大人1200円(当日購入だと1500円)と安い!
子どもは3歳以上で800円(アンパンマンなど作品によって2歳から料金がかかるものもあります。)
・大人1人に対して1つ補助席がつくのでゆったり楽しむことができる!

出産前は映画が好きだったお母さんも、子供がいるとなかなか行けなくなってしまった映画館。私もそうでした。出産を機に、もう映画を観ることを趣味にするのはやめていました。

このほっとママシネマでも、ホラーやサスペンスなどの大人向けの映画を一緒に観ることはできません。(コメディ系やミュージカルなどの邦画洋画も上映作品になっている時はあります)また、場所も作品も日にちも(水曜が多いです)時間も限られてしまいます。

しかし、子どもと一緒に映画を楽しみたい!映画の少し非日常的な空間で日々の育児疲れからリフレッシュしたい!子どもの映画デビューを気兼ねなくしてみたい!そんな時にはほっとママシネマがオススメです♪

 

ほっとママシネマ利用の仕方

今回はMOVIX亀有に「怪盗グルーのミニオン大脱走」を観に行きました。劇場ごとに多少仕様が違うかもしれませんが、当日の様子をご紹介します!

映画館に到着しましたら、事前にネットで予約した方は(詳しい予約の取り方は下の方で)劇場で券売機に行き、

・QRコードをかざすか、

・予約番号と電話番号を入力し、

チケットを発行します。

事前のネット予約をしなくても当日空きがある場合はカウンターで購入もできるみたいです。その場合は非会員は1500円です。

ほっとママシネマ用の撮影スポットもあります!上映終了直後は写真撮影に並んでいますので、始まる前など空いているときに行くのがいいですね!

たまたま黄色のTシャツで微妙なミニオンっぽさ、、、来ていた親子のなかには、ミニオンのTシャツやスタイをつけている赤ちゃんもいましたよ〜!

 

ベビーカーでそのまま入場口へ入って行けます。

ベビーカーを預ける場所で係員さんにベビーカーを預け、番号札を受け取ります。

一人で座れるお子様の場合は見えにくいのでクッションを持って行った方が良いですね!

ブランケットは普段、衛生上の問題で配布を中止していたようですが、ほっとママシネマ用にカゴに置いてありました。特に場内は寒いと感じることはありませんでしたよ。

(参照:松竹マルチプレックスシアターズほっとママシネマパンフレットより)

スクリーン下にはこのパンフレットのように子どもが遊べるスペースがあります。見守りスタッフの方が両端に2人いますが、特に動かない方とおもちゃがあまりにも乱れていたら直す方と、人それぞれな感じでした。経験者であれば子供のサポートもしてくださる方もいるかもしれないですが、自分の子どもは自分でみるスタンスで…!

ちなみに下の方で紹介しているチケットの取り方で、残席状況の画像でもわかると思うのですが、1番前の席は空けているようでした。当日は1番前の席で鑑賞している親子もいたので、ここも予約されている席だと思っていたのですが、利用しても良いのかもしれません!それか当日来た方用にとってある席なのか…?

後半になるとここに来る子どもが増えていきました。うちも最後までもたず、後半はここにいました。

上映中の様子

上映中はやはり泣く子も多くいました。子どもを寝かしつけるためや、泣く子をあやすのに、観ている人の邪魔にならない入り口付近の通路などに立って揺れているお母さんもいます!でもそういう上映会ですので、全く気になりません

音量も、泣く子がいて聞こえないということもなく、ちょうどいいです。

明るさは携帯を開いてもその明かりが周りに全く気にならないくらい、少し暗い。

パパも一緒に行けますよ!

うちは前回パパも一緒に行きましたので子ども一人に対して補助席が2つもあり、計5つの席でとても広々と過ごした記憶があります!ただ、授乳スペースもあるのでパパはお気遣いをお願いします。ということですが。

夏休み中ということで4、5歳くらいの子もいました。

こうなると席はどこをとった方が良いのか考えちゃいますよね!下の方でオススメの席をご紹介します!

入場の際パンフレットなどが入っている袋が渡されますが、その中にアンケートが入っていて、アンケートに答えるとポップコーン引換券をくれます。アンケートを書く用の鉛筆やテーブルも用意されていますのでそこでスタッフさんにアンケートを渡していただくともらえますよ!

席はどこを取ったらいいのか

チケットを取れる時間ですが、

STM Members会員だと上映3日前の午後5時から、(会員になる方法はSTM Membersはシアターに直接行ってカードを作ります)

非会員だと上映3日前の午後9時からです。

今回の「怪盗グルーのミニオン大脱走」での予約は、人気ですぐ無くなってしまうかなと思ったのですが、上映当日もまだ空きはありました。けれども端の席などはすぐ埋まっていました!

↑予約開始日当日の21:08の残席状況です。白い丸が空いている席。補助席がつくので、前の席を見てわかるように、1つ飛ばしで空席になっています。

↑先ほどより、1時間弱経過でご覧の通り端から埋まっていってますね。

↑翌日にはもう結構埋まってしまっていました。

↑上映当日開始1時間前 ほぼ席は埋まっていますね!(隣の画像はスペースの位置を、参考までに)

オススメの席はやはりすぐ通路に出られる端の席!予約でもすぐ埋まってしまいます。

あまり前の席だとプレイスペースが見えてそこに行きたくなる子もいると思います。遊ばせておく前提で行くのであれば本当に前の席2列目などでも良いと思いますが、子どもはプレイスペース、親は座席に、と離れるわけにもいかないので、プレイスペースにつくことになります。長時間大きいスクリーンを見上げるのも疲れてしまいますよね。

オムツ替えの通りのすぐ通路に出られる席(F列)では、乳児は最適な場所でも立って歩ける子どもには、人がたくさん通って気が散ってしまったり、落ち着かなくなる場合もあります。

後ろの右端の席(例えばK〜N列の38)などは、右横は壁で行き止まりなのですが、皆さん1つ補助席を持っているので、後ろの席に誰も座っていないこともあります。いなければその場で立ってあやしたりすることもできますね!

私は後方中央から映画を観るのが好きなので、中央後ろの方で、端が空いてたので、すかさずそこをとりました!

ネットでのチケットの取り方

MOVIXの中でもメールを送信して予約をとる形式の場所もありますが、今回はネットでのチケットの取り方をご紹介します。

①劇場のシアターのホームページ(例えば、亀有なら、MOVIX亀有のページ)にいきます。

②上映日を選択後、ほっとママシネマの回を探します。このときは下の方にありました。

注意したいのは、↑上の画像のように、【ほっとママ】と書いてあって、通常の回ではないことです!

③白い丸が空席なので、空いている席を選んで、枚数を選択します。補助席がつくのは大人のみです。

 

 

④次へ進むと確認画面にいきます。確認して、支払いに進みます。

メールが届き、完了です。

当日は、券売機でQRコードをかざすか、購入番号と電話番号の入力が必要です!

まとめ

ほっとママシネマは常に開催されているわけではないですが、ディズニーや、子供向けのアニメの上映があるときは開催されることが多いです。映画を本当に集中しては観たい!という願望は叶えられませんが、ちょっとした雰囲気の違いで自分自身のリフレッシュやお子様の映画デビューにはとても良いものではないでしょうか!料金も通常より安いのも嬉しいですよね!私も次開催されるのを楽しみにしています♪面白い映画やらないかなあ〜